不動産媒介契約のチェックポイント

不動産媒介契約のチェックポイント

不動産媒介契約のチェックポイント

不動産の媒介契約のチェックポイントについて紹介したいと思います。不動産物件を媒介契約する場合にはいろいろとチェックしておかなければいけない項目があるので紹介したいと思います。まず一つ目は、不動産物件を売った場合に、不動産物件の飼い主が見つかったとして売買契約が成立したときには不動産会社に仲介手数料を支払う形になりますが、不動産会社に支払う時期というのは売買契約の時と、残金決済の時と二度に分けて支払うこともあったり、不動産会社によっていろいろなので確認しておく必要があります。そして指定流通機構への登録もチェックポイントの一つです。これは専属専任媒介契約の時には、媒介契約を無視産んでから決められた期間の間に、不動産会社のネットワークに同じ物件情報を登録しなければいけないことになっていますから自分がお願いしている不動産会社以外からも広告ができることがあるので確認しておきましょう。

 

そして不動産媒介契約のチェックポイントとしては違約金についてもチェックしておきましょう。専属専任媒介契約をしているのに別の会社から不動産を売却したり、自分で不動産を買い取ってくれる人を探してしまった場合には、仲介手数料と同じくらいに違約金を不動産会社に支払わなければいけませんからこちらもチェックしておきましょう。

不動産売買トラブルというのは意外と身近で起きているものです。ではどのようなことがきっかけで不動産売買トラブルになったのか紹介していきたいと思います。不動産についても全くわからないので不動産会社に任せておいたら不動産トラブルになったという人は結構多いようですね。ですから不動産会社に全てを任せるのではなくて自分でも不動産にかかわりましょう。そして曖昧なことがわからないことがあったら不動産トラブルのもとですからわかるまで質問しましょう。不動産売買契約書を読まずに契約をしたという人も中にはいるようですが不動産売買契約書を読まずに不動産を購入すれば不動産トラブルになるのは当たりまえです。そして不動産トラブルとしては不動産売買価格以外にもいろいろと費用がかかることを知らなかったということもトラブルにつながっています。

 

また大手の不動産会社は信頼できると思っていたのにまったく信頼できずに不動産トラブルになったという人も多いようですし、不動産会社の社員はプロなので間違いやミスはないと思っていたのに実は全くの素人だったということもよくあります。不動産物件を見てみると気に入ったのですがすぐに契約しないとなくなるといわれてあわてて不動産契約をした人も後々不動産トラブルになりやすいので注意しましょう。

不動産コンサルタントというのをご存知でしょうか?不動産コンサルタントというのは不動産のプロのことを言います。不動産コンサルタントは不動産に係るいろいろな相談に乗ってくれるプロとして不動産コンサルティング会社などで働いています。たとえば所有している不動産を有効利用したいけどどうしたらいいのかわからない場合には不動産コンサルティングに相談してみるのがいいですね。また不動産の相続などについても不動産コンサルティングに相談するといいと思いますし、分譲マンションなどの建て替えの相談や競売不動産物件の相談なども不動産コンサルタントに相談すると解決の糸口が見つかると思います。

 

不動産コンサルティング会社は不動産会社とはまた別に位置づけされています。不動産会社は主に不動産を売ったり買ったり貸したりするのが主な業務ですが不動産コンサルティングの場合には、不動産に関わるいろいろな相談に乗ってくれますから直接不動産を管理したり仲介に入っているということはありません。不動産のことで何か困ったことがあれば不動産コンサルタントに相談すると不動産業界のプロですから不動産会社に相談するよりもスムーズに解決することができるということです。

不動産媒介契約の種類について紹介したいともいます。不動産の媒介契約には三つの媒介契約があります。まず一つ目は専属専任媒介契約と呼ばれる契約ですがこちらは特定の不動産会社1つだけに対して仲介を依頼するという形です。複数の不動産会社に依頼したり、自分で不動産の購入希望者を探すことはできない契約になっています。もしも複数の不動産会社に依頼したり自分で見つけた時には違約金を支払わなければいけなくなりますから注意しましょう。そして不動産の依頼を受けた不動産会社は、倍系契約をしてから5営業日以内に、指定された流通機構に不動産物件を登録して1週間に一回は不動産売却活動を行って依頼者に報告しなければいけないことになっています。

 

そして二つ目の専任媒介契約と呼ばれる不動産の契約は、仲介を頼めるのは一つの不動産会社だけになるのですが自分で購入する人を探してもいいという契約になっています。専属専任媒介契約では違約金を支払わなければいけませんでしたが自分で見つけた場合には違約金を支払わなくてもいいということになります。そして三つ目の一般媒介契約というのはいろいろな不動産会社に重複して仲介依頼をしてもいいという契約方法です。

不動産媒介契約について紹介したいと思います。不動産を売買する場合には不動産媒介契約という言葉を聞くと思います。不動産媒介契約というのは不動産を売却したり買い替えたりする時に、売却活動をスタートさせる前に不動産会社と決めておく契約のことです。宅地建物取引業法によってこの媒介契約は決められているのですが不動産を依頼した人が専属専任媒介契約や専任媒介契約、そして一般媒介契約の中から一つ選ぶことができます。この不動産媒介契約の期間は、3か月と決められているのですが不動産を依頼している人の希望があれば更新することが可能です。

 

不動産会社は不動産を依頼している人と媒介契約を結ぶときには宅地建物取扱業法で決められた項目を記載した媒介契約書を発行することが決められています。今は不動産を依頼した人と不動産業者の権利や義務をはっきりとさせるために国土交通省が標準媒介契約約款というのを作っていて媒介契約を平等にするように図っているようです。この三つの不動産の媒介契約の種類がありますがこれはそれぞれ中身が違っていてそれぞれにメリットもあればデメリットもありますからそのことについては次で説明したいと思いますのでそちらをご覧ください。


ホーム RSS購読 サイトマップ